放課後の不純

こんばんわ。舞です。
今日は梶ヶ谷ミチル先生の「放課後の不純」を読んだので、ネタバレと感想などを紹介したいと思います。

ごゆっくり楽しんでいただけると嬉しいです。

放課後の不純詳細

漫画名 放課後の不純
作者 梶ヶ谷ミチル
ジャンル 同級生
登場人物 沢木航介《攻》
水谷宏明《受》
価格 648円(税込)
放課後の不純
を★で評価(個人的に)
エロ度
★★★★☆
青春度
★★★★★
放課後の不純
配信サイトでの購入者の評価
★4.2(70人)
 備考  電子限定オマケ漫画付

※期間限定で「放課後の不純」半額キャンペーン中です。

「放課後の不純」には

・第1話~第6話
・bonus track

が収録されています。

放課後の不純登場人物

放課後の不純

沢木航介《攻》

・年齢:17
・職業:高校生
・性格:悩むより行動派のお調子者
・肉体的な特徴:体育会系の肉体
・性癖:ノンケ

水谷宏明《受》

・年齢:17
・職業:高校生
・性格:大人しい秀才タイプ
・肉体的な特徴:地味メガネ
・性癖:ゲイ

放課後の不純あらすじ

放課後の不純

「放課後の不純」公式あらすじ

放課後の教室、それまでろくに話したことのなかった陸上部の沢木と帰宅部の水谷。

ふたりの関係は、沢木が仕掛けた強烈なキスから始まった。

密室の保健室、図書室、自宅、修学旅行……。

2人はおそるおそる、しかし濃密に恋を深めていく──。

心騒がす秘密のカップルストーリー!

◆収録内容◆
「放課後の不純」全6話
単行本収録描き下ろし
電子限定描き下ろし(おまけ漫画1P)

放課後の不純を読んだ感想

放課後の不純

 

 

攻の沢木はクラスで目立つタイプ。

受の水谷は大人しい地味なタイプ。

 

そんな地味な水谷はメガネを外すと

大人っぽい知的美人になる

というおいしい王道なんです(๑´ڡ`๑)

 

しかも目がかなり悪いので、
沢木が「俺の顔わかる?」と近づいてまんまとキスという、ベタなアプローチ♪

 

王道でもベタでも、
それが高校生同士の初々しさを出していて、すごく良いんです♪♪

 

愛を交わし合うというより、

欲情して暴走してる感じ

がどちらにもあるのも、
若者らしくて好感持っちゃいます!

 

他にも保健室でのキス。

夏合宿中の夜の学校でH。

修学旅行でみんなに隠れてキスやH

などなど、
学校が舞台なら外せないポイントを押さえてます♪

 

当て馬で登場するキャラクターもいるんですけど、その子が主役でスピンオフ作品が出るくらい良い味出してるんです。

 

「放課後の不純」は
沢木と水谷がイチャイチャするだけじゃなくって、男同士の葛藤もあって本気でオススメです!!

 

今回紹介している「放課後の不純新装版」には「bonus track」も追加されています。

発展していく2人の関係の原点は要チェックです(o´∀`o)

 

私の中で、「青春・センシティブ・モラトリアムの名手」といえば、梶ヶ谷ミチル先生。

 

「放課後の不純」を初めて読んでから、ずっとハマって追いかけています。

 

どの漫画も
良い意味で派手さは無いのですが、高校生同士の純粋な恋愛が丹念に描かれていて、好きなんですよね(。>ω<)

放課後の不純名セリフ

放課後の不純

「放課後の不純」を読んでいて、
「このセリフ超良いっ!」
というのを2個選んでみました。(もちろんこれ以外にもいいセリフはたくさんあるので探してみて下さいね。)

 

 

「なんか俺、今世界中がバラ色に見えるんだけど……もしかしてお前も?」

 

 

初エッチ後、
初めて水谷からキスしてもらえた時の沢木のセリフです。

 

おバカっぽいけど、素直に幸せを表現していてカワイイっ♪

 

「は?病院行ってくれば?」

ってクールに返す水谷。

なんか、照れというか恥ずかしがってるんだね?っていえば良いのか。とっても良いセリフでした(*^_^*)

 

 

「俺だって……そうしたいからしてるんだし……」

 

 

ずっと沢木にされるがままで受身だった水谷が、自分の意思で

「沢木とキスやHをしたいからしてるんだ。」

ってきちんと伝えた時のセリフ。

 

友達とのエロ話でフ◯ラに興味を持った沢木。

 

欲望のまま水谷に
「してくれ。」
って頼んじゃう沢木。

このおバカな言葉が原因で喧嘩してしまいます。

 

「なんで俺が次から次へと湧いてくるお前のエロ願望を、満たしてやらなきゃならないわけ?」

 

そんな感情を抱いてしまうのは普通のこと。

でも、「軽率な発言だった」ってちゃんと反省して謝る沢木に対して、

「沢木の一方通行じゃない」

って水谷が言葉にして伝えて2人の関係は

雨降って地固まったな~

 

このセリフを見たあとにほっこりしてしまいました(●´ω`●)

放課後の不純名シーン

放課後の不純

 

「放課後の不純にはこのシーン最高!」っていう名シーンがたくさんあります。

 

今回はその中から1つ、紹介したいと思います。

 

「放課後の不純」の終盤で、
水谷の友達に2人が付き合ってることがバレてしまいます。

 

そこからの「一波乱」が本当に良いシーンなんです。

 

「自分はゲイだけど沢木は違う・・・」

ということを気にしてしまって別れてしまった2人。

 

でも、そこは水谷ラブで押せ押せの沢木。

「遮断しないで、水谷のエリアに入らせて欲しい。」

って怯むことなくもう一度、口説いていくんです。

 

「自分はゲイだけど・・・」って
初めて自分のマイノリティーと向き合う時って、きっと辛いんでしょうね・・・。

 

水谷と一緒に暗くなることなく、
前向きに接してくる沢木の元気な性格が、2人の関係を前よりも強固にしてくれました(o´∀`o)

 

 

「先のことは断言できない」
って考えてる後ろ向きな水谷。

 

「好きだよ宏明。ほんとに好き。超絶好き。」
積極的に自分の気持ちを伝えていく前向きな沢木。

 

沢木の熱い気持ちが伝わって、見事に仲直り(●´ω`●)

 

幸せそうに泣き笑いをする水谷を見てるだけで、もらい泣きしちゃいました(。>ω<)

 

若さゆえの甘酸っぱい恋の味っていうんですかね。

 

もう高校なんて数年前に卒業してしまったワタシには、

「放課後の不純」はとっても美味しいお話でした
(๑´ڡ`๑)

 

放課後の不純
無料立ち読みと本編はこちらから

→放課後の不純

(「放課後の不純」と検索してください)

放課後の不純

 

最後まで「放課後の不純」ネタバレにお付き合い頂きまして、ありがとうございました。