こんにちわ。舞です。

夏目イサク先生の「飴色パラドックス」1巻~4巻まで読んだので、ネタバレとレビューをしてみます。

 

飴色パラドックス詳細

漫画名 飴色パラドックス
作者 夏目イサク
ジャンル ツンデレ受
俺様、Sっ気攻
登場人物 蕪木元治(攻)
尾上 聡(受)
価格 1巻604円
2巻648円
3巻648円
4巻680円
おすすめ
配信サイト
BookLiveコミック
「飴色パラドックス」
を☆で評価(個人的に)
エロ度
★★☆☆☆
ケンカップル
★★★★★
ツンデレ度
★★★★☆
「飴色パラドックス」
配信サイトでの購入者の評価
★4.7(1010人中)
 備考 3.4巻には電子限定
オマケ付き

「飴色パラドックス」各巻の収録目次
1巻
・Logic.01~04
・直後のおはなし

2巻
・Logic.05~07
・ドラマCD「飴色パラドックス」アフレコレポート
・その後

3巻
・drop.01~05
・ネクタイ a go go!
・駅前居酒屋PM8:00
・ハッピーホリデー
・一方蕪木…
・あとがき

4巻
・drop.06~11
・提案
・あとがき

飴色パラドックス2巻

飴色パラドックスあらすじ

1巻

週刊誌記者の尾上は、異動先の張り込み班でカメラ担当の同期・蕪木とコンビを組むことになる。

 

密かにライバル視していた相手である上、スクープのためなら手段を選ばない蕪木のやり方が正義感の強い尾上には納得できず、最初は衝突ばかり。

 

けれど共に事件を追ううちにお互いが気になり始め……?

 

話題のケンカップル登場

*カバーデザインの変更にともない2017年10月6日より本書(電子書籍版)には新旧の表紙をともに収録しております。内容に変更はございません。

 

2巻

相変わらずケンカは絶えないけれど、なんだかんだで毎日ラブラブな尾上(おのえ)と蕪木(かぶらぎ)。

 

そんなふたりの前に、蕪木の妹・理子(のりこ)が現れる。

蕪木兄妹の仲はあまり良好でないらしく、うっかり理子と意気投合した尾上は、 なぜか蕪木を痛い目に遭わせる計画に協力することになり……?

 

大人気シーソーゲームラブ、とりあえずのフィナーレ!!

 

3巻

尾上(おのえ)と蕪木(かぶらぎ)がつき合い出してそろそろ一年。

 

編集部に中途採用の新人・笠井(かさい)が入ってくる。

 

だが後輩ができて喜ぶ尾上に対し、
笠井は最初から尾上をライバル視している様子。

 

しかも尾上のスクープ獲得率の高さが蕪木にあると気付いたらしい笠井から「蕪木さん、もらいますね」などと宣言され!?

 

大人気ケンカップル、待望の復活!!

【電子版限定おまけ付き】電子版描き下ろしイラストペーパー(1P)を収録!!

 

4巻

尾上に助けられたことにより、笠井が尾上に好意を抱き始めたようでそれに気を揉む蕪木。

 

俳優・印南の熱愛スクープを追う最中、勢いで笠井に交際宣言をしてしまう。

 

だがその一部始終を密かに印南に聞かれていて……?

 

大人気ケンカップル、四たび登場!

【電子版限定おまけ付き】電子版描き下ろしカラーコミックペーパー「もし蕪木と尾上が中学時代に出会っていたら…」(1P)を収録!!

 

飴色パラドックス登場人物

飴色パラドックス3巻
名前:蕪木元治《攻》

・年齢:26
・職業:週刊誌のカメラマン
・性格:俺様、Sっ気あり
・肉体的な特徴:アイドルも上司もタラすイケメン

名前:尾上聡《受》

・年齢:26
・職業:週刊誌の記者
・性格:ツンデレ
・肉体的な特徴:カワイイ系

飴色パラドックス感想

「飴色パラドックス」は
安定した人気を誇る夏目イサク先生の作品の中でも、 特に大好きな作品です♪

 

攻の蕪木と受の尾上の関係は、恋人を蕪木に取られたと尾上が勘違いし、敵視するところから始まります。

 

ジャーナリスト志望の尾上と、コネも金も体も使ってスクープを撮る蕪木は、事あるごとに衝突。

 

意見がぶつかっては喧嘩し、良い面を知れば距離が近づき、でもまたすぐ喧嘩w

 

実に見事なケンカップルです!

 

巻を重ねるごとに仲が進展し、付き合い、互いの悩みを解決し合い、ライバル登場で一波乱あり。

 

蕪木はモテるのがよくわかるくらい格好良く、尾上は素直じゃないのにたまにデレるのがかわいい!

 

喧嘩も、ラブラブも、ずっと応援したくなっちゃう「相棒」って言葉がぴったりなカップルです♪

飴色パラドックス名セリフ

飴色パラドックス4巻

 

「飴色パラドックス」の1巻~4巻までそれぞれの巻で「このセリフ良いな。」って思ったところを各巻で1個ずつ紹介しています。

他にも
「このセリフ良いっ!」
ってたくさんあると思うので、探してみてくださいね(≧Д≦)

 

「お前が嘘つかないからだ。」

(「飴色パラドックス1巻」より)

 

蕪木が尾上に告白した後、尾上が「なぜ?」と聞いた時のセリフです。

 

「喧嘩してばかりの尾上になぜ惹かれるのか・・・」

蕪木が自分自身に問いかけて、出てきた答え。

嘘に慣れ、人の不幸を飯のタネにし、神経をすり減らしていた蕪木にとって、

「嘘をつかない尾上」を好きになるのは自然の成り行きというか運命だったんだな~と、心に響きました♪

 

 

「これでお前いっこ幸せふえたな」

(「飴色パラドックス2巻」より)

 

蕪木と蕪木妹の8年に渡る確執を尾上が解決した時の、尾上のセリフです。

 

自分の事のように嬉しそうにしている尾上に、惚れ直したことがまるわかりの蕪木の表情に胸キュンです♪♪

 

「…なァ、今日もさ、お前……ウチ来る?」

(「飴色パラドックス」3巻より)

 

付き合って1年経ち、仲が安定してきた頃。2人の関係をひっかきまわす後輩の登場に、不安になった尾上が上目遣いで言ったセリフです。

 

ごく普通の仲の良いカップルなら、ありふれたセリフ。

 

でも、この2人はケンカップル。

ツンデレで素直じゃない尾上が言ったということに、興奮です!!!

 

巻が進むごとに2人の仲も深まり、進展していることもとてもよくわかりました♪

 

「あいつがお前のこと、どんどん好きになってるから、割り込まれないためにだよ」

(「飴色パラドックス」4巻より)

 

「飴色パラドックス3巻」で登場した後輩が、尾上を好きになっていることを察した蕪木。

 

「尾上と付き合ってること」を後輩にカミングアウトするのです。

「なぜカミングアウトした?」

と尾上に聞かれた蕪木は

「あいつがお前のこと、どんどん好きになってるから・・・」

と・・・。

 

飴色パラドックス名シーン

「飴色パラドックス」は4巻まで配信されているので、

「このシーンはヤバかった!」

「こんなこと、今しちゃうの?」

っていう名シーンがたくさんありました。

 

今回は、その中でも
最新話の4巻の中で名シーンを選んでみました。

 

「今日はそういうの・・・しなくていいから・・・」

 

ベッドで横になってる尾上の乳首を舐める蕪木。

 

尾上は、

「自分がいい人」だと思っていた人が本当は「いい人」ではなくて、ショックを受けているのでした。

 

乱暴で力強くめちゃくちゃにして欲しい気分の尾上。

 

痛くても何でも良いからこの夜は激しく抱いて欲しかったのです。

 

蕪木を自分のそばで感じて気持ち良いことをされて、快楽に溺れたかったのです。

 

そうすることで
昼間にあった嫌な事を早く頭の中から忘れたかったのです。

 

 

「か、かぶらぎ・・・」

 

 

ギシギシ揺れるベッドの上で蕪木の名前を呼ぶ尾上。

 

言葉には出しませんでしたが、

「スクープを台無しにしてまで俺を守ってくれてありがとう。」

って言ってる感じのこのシーン。

 

蕪木を両腕できつく抱きしめてる姿が
とってもキュンってしてしまいました(*´ڡ`●)

(このあとも甘えて蕪木の胸に顔を押し付けていく尾上。頭をナデナデされてしまいます♪)

 

「飴色パラドックス」の4巻のこのあとの話では、酔って帰ってきた蕪木が登場。

 

いつもはあんな感じなのに、酔ってるおかげで甘えん坊モードに☆

 

「飴色パラドックス」の4巻は最終回だけあって、読みごたえのある内容ばかりでお腹がいっぱいです(*´ڡ`●)

 

 

ケンカばっかりしている蕪木と尾上が愛を深め、ベストパートナーになる「飴色パラドックス」の無料立ち読みと本編はこちらからどうぞ。(ちなみに第1巻の無料立ち読みは期間限定で全ページ読めます。(10月27日になる瞬間まで実施中。)

 

「飴色パラドックス」
無料立ち読みはこちら

→飴色パラドックス

(「飴色パラドックス」又は「あめいろぱらどっくす」と検索してください。)

 

最後まで「飴色パラドックス」1巻~4巻までのネタバレ紹介にお付き合い頂きまして、ありがとうございました。続巻が出たらまたネタバレを書いていきたいと思います(*´ڡ`●)